パトロンの作り方

「恵美ちゃん頑張っているね。」「あっ、加藤さん。今夏の新作メニューを考えている最中なんですよ。良ければ試食しくれますか。」「もちろんだよ。」店の開店前に私のパトロン加藤さんが様子を見にやってきました。私は彼のおかげで、店を開店することが出来ました。彼と知り合ったのはとある居酒屋でした。私はそのお店の常連客で加藤さんも同じ常連客。何度も一緒に飲むようになってから、店の相談などを色々話し、店の開店をするための資金を出してくれました。

「この状態があと1年続けば借りてたお金が全て返せそうです。」「返さなくてもいいよ。その分恵美ちゃんと楽しい思いをしているしね。」お金を返し続けても、その楽しい思いは続きますよ。」それを伝えると加藤さんは喜んでくれました。
パトロン 探し方

店が休みの日、私は久しぶりに高校の友達、加奈子と会いました。「加奈子、なんか痩せた。」「元彼に騙されて今夜の仕事で働いていて、借金返しているの。」「えぇ、何それ。」「私も恵美みたいにパトロンが欲しい。パトロンの作り方教えて。」「パトロンの作り方と言っても自然と出来たし、私にパトロンの作り方聞いても無理だよ。」「そうか、ごめん。」

友達と解散した後、私は加藤さんに相談しました。「その男、私が探偵雇って見つけてあげるよ。そして彼に払わせるよ。」「本当にいいの。」「いいよ。」「ありがとう。」私は加藤さんに思いっきり抱きつきました。「こら、そんなに抱きつくと我慢できなくなるじゃないか。」「まだ、お店開店前だし鍵かけてるから。」私は店の裏で加藤さんをいつも以上に愛しました。
パトロンの見つけ方
パトロンが欲しい

お金くれる彼氏

どこかにお金くれる彼氏がいないかなぁと思っていながら毎日なんとなく過ごしていました。

そういう気分の時に私が利用するのが出会い系なんですが、ほとんどそういうところにいる人はいやらしいタイプばかりでうんざりしていたんですよ。

でも今回はとにかくストレス発散も兼ねて利用したいと思い、色々と楽しい経験をさせてもらいました。
本当に性格的に後腐れなく気持ちの良い人間がいればたまには遊んでもいいのかと思い、とりあえず良さそうな人を見つけましたので絡んでみましたが、見事に自分自身が求めていたお金くれる彼氏になってくれましたので良かったです。

とりあえずいろんな人がいますので自分としては最低限のストレス発散をしながら時間が過ごせたらいいとくらいに思っていたのに、予想以上に環境の良いことになりました。

彼はとにかくお金を持っていて余ってしまうほどだと言っていました。
とりあえず会うたびにお小遣いをくれるという太っ腹なんです。
お金くれるパパ
しかもその額が普通にアルバイトをしているときの一ヶ月分くらいなんですよね。
そこまでしてくれると正直働いていくのがバカらしくなっちゃいますよ。

ありえないくらいに楽しい時間を過ごすきっかけを作ってくれたからは間違いなく素晴らしい人だと思います。

正直出会い系にお金くれる彼氏が欲しいとかはかけないですよね。
でも書かなくてもこうやって自分の思うような出会いがあるというのは正直心強いと思います。
半端じゃないお金持ちを見つけることが出来ましたので最高に楽しいです。

半端じゃないレベルでいい感じの時間を使うことが出来ます。
いい時間が使えればお金も手に入りますのでかなりストレス発散ができるようになりますよ。
セフレ探しアプリ
LINE掲示板