「金曜」カテゴリーアーカイブ

お金くれるパパ

この間、電気屋さんのビックカメラで、めちゃくちゃわかりやすいお金くれるパパと女の子のカップル見た。
で、めちゃくちゃベタなおねだりされてた!
「ねーパパー、くるみ(多分、彼女の名前)ね、あれみたいなのが欲しいんだー。でね、あれってわけじゃなくてー、もっと色違いのがあったらなんだけどー」
「くるみちゃん、ピンクが好きだもんね。ピンクじゃなきゃイヤなんだ」
「うん、くるみ、ピンク好き」
時計コーナーでしたけどね(笑)
異様な空気だったよぉ。思わずガン見してしまいましたね。
あ、あれは、ベタなお金くれるパパとおねだり女子!ってドラマの撮影でもしてるのかと思った。
店員さんもちょっと対応するべきか放っておくべきか悩むところだよね~。
なんかのコントって可能性もあるし(笑)
お金を無償支援します
で、しかも、そのくるみちゃんの声がやけにかん高くて響くんだよね。
聞きたくなくても耳に入ってしまうわけ。
それで、つい、耳がそっちに意識向いちゃって。
「ねー、ぱぱー。奥さんと別居してるんでしょ?だったらくるみのところに引っ越してきちゃえばぁ?」とか・・・。
「ねーぱぱー。今度、友達が店出すんだけど、一緒に行こうよー」とか。
話の展開、脈絡ねーなと思いつつ、ついつい聞いてしまっていたわけ。
だけど、ああいう、子供っぽい話し方、脈絡のなさが「かわいい」って思われるのかな。
あれ、勉強した方がいい?私も、それやってみた方がいいの?
お金くれるパパ相手だから通用してるだけ?それとも、男子全般に有効?
お金くれる人
パパの作り方

謝礼交際

こうやっていうと嫌なかんじに聞こえるかもしれないですが、私はお金には困っていないんです。
でも謝礼交際をしています。
実家もお金持ちなので、有名私大にいれてもらってぬくぬくといわゆるお嬢様として育ってきました。まわりも裕福な子が多かったので、若いころからハイソな遊びをして楽しんでいました。
今の旦那も大手商社マンでお金には余裕がありますし、世田谷の一等地にマイホームももって、娘もすくすくと育っています。
ただ、やっぱり主婦になると毎日が退屈の連続で。
私は「〇〇ちゃんのお母さん」としか最近呼ばれないんです。そう、私はお母さんであってもう一人の女性としては見てもらえないことに危機感を感じました。
そんなときに週刊誌で謝礼交際、というものがあると知りました。
お金くれる人 募集
食事に行ったり会話をするだけで、謝礼をもらえるなんてなんて素敵な交際なんだと思いました。
謝礼が欲しい、というより人から感謝されたい、ちやほやされたい、というのが本音です。
自分の魅力が謝礼といかたちで返ってくるなんて、とても嬉しいですよね。
これまでの人生、思い返せばちやほやされて過ごしてきました。見た目も気を遣っていますし、厳しくしつけられたのでマナーや会話力もそこらの女の子に負ける気はしません。
そんな私のプライドを満たしてくれるのが謝礼交際だったのです。
なかには、体の関係をもって謝礼をもらう主婦のかたもいるようですが、私はそんなことをしなくても謝礼をもらえる自信があるので、基本的には食事にいって相手の相談ごとなどに耳をすまして、アドバイスをしてあげたり、優しい言葉をかけてあげます。
「こんな美人に優しくしてもらえるなんて嬉しいかぎりだよ」といった言葉をかけてもらい、謝礼をもらえることが謝礼交際での私の1番の喜びです。

愛人契約
パパ活アプリ

パトロンの作り方

「恵美ちゃん頑張っているね。」「あっ、加藤さん。今夏の新作メニューを考えている最中なんですよ。良ければ試食しくれますか。」「もちろんだよ。」店の開店前に私のパトロン加藤さんが様子を見にやってきました。私は彼のおかげで、店を開店することが出来ました。彼と知り合ったのはとある居酒屋でした。私はそのお店の常連客で加藤さんも同じ常連客。何度も一緒に飲むようになってから、店の相談などを色々話し、店の開店をするための資金を出してくれました。

「この状態があと1年続けば借りてたお金が全て返せそうです。」「返さなくてもいいよ。その分恵美ちゃんと楽しい思いをしているしね。」お金を返し続けても、その楽しい思いは続きますよ。」それを伝えると加藤さんは喜んでくれました。
パトロン 探し方

店が休みの日、私は久しぶりに高校の友達、加奈子と会いました。「加奈子、なんか痩せた。」「元彼に騙されて今夜の仕事で働いていて、借金返しているの。」「えぇ、何それ。」「私も恵美みたいにパトロンが欲しい。パトロンの作り方教えて。」「パトロンの作り方と言っても自然と出来たし、私にパトロンの作り方聞いても無理だよ。」「そうか、ごめん。」

友達と解散した後、私は加藤さんに相談しました。「その男、私が探偵雇って見つけてあげるよ。そして彼に払わせるよ。」「本当にいいの。」「いいよ。」「ありがとう。」私は加藤さんに思いっきり抱きつきました。「こら、そんなに抱きつくと我慢できなくなるじゃないか。」「まだ、お店開店前だし鍵かけてるから。」私は店の裏で加藤さんをいつも以上に愛しました。
パトロンの見つけ方
パトロンが欲しい

愛人募集掲示板

愛人募集掲示板で知り合った女が、店経営してるんだよね。
で、俺も、その店が上手く行ってないみたいで、ちょっと援助しちゃったわけ。
愛人募集掲示板だから、なんとなく愛人っぽいことしてやりたいなという見栄みたいなのがあったわけ。
それに、その女も店つぶしたくないってすごく悩んでたから、つい、ぽんと・・・一千万出しちゃった。
一応、貸すって感じなんだけど、利子は取らないってことで。
だけど、一千万出したけど、店の経営、まったく上手く行ってないみたいで。
この間もまた少し援助してもらえないかって相談された。
さすがに、この間一千万出した後だから、「何やってるの?」ってつい叱ってしまったわけよ。
愛人募集をしたアラフォー主婦の私でも使えたパパ活アプリでお小遣い
店の経営のこととか聞かずに金出した俺も悪いけど、人の金をすいすい消す魔法使いなんてイラネーって思うじゃん・笑
結論から言うと、愛人募集掲示板で男から金をたかる女にまともな経済観念の持ち主はいないってことだね。
そもそもまともな経済観念のない女が店とかやるなよって思うんだけど・笑
その店も、多分愛人とかそういうのから金もらって出した店なんじゃないのかなぁ。
じゃないと、こんな女一人で店出せるとは思えないよ。
だって、経済観念ないんだもん・笑
前の男とどこでどう知り合って、どういう関係だったかは知らないけど、その男もこの女に金出してもまた「スイスイ金を消す魔法」で消されてしまうって気付いて逃げたんじゃないの?
俺もなんか逃げたいもん。店の内情を知れば知るほど逃げたくなるもん。
お金くれるパパ